新日本プロレス1.4東京ドーム 中邑真輔が高山善廣を下しIWGP王座死守!!

ケンくん、コージくんと新日本プロレス東京ドーム大会「レッスルキングダムIV」を観戦しましたヨ。
IWGPタッグ3WAY戦はNO LIMITが勝利し初戴冠。これから親日マットの台風の目となるかどうか注目。
青義軍vs田中&TAJIRIの外敵コンビの一戦はTAJIRIが永田さんから勝利。TAJIRIの魅力が未だに全くわからない自分としては悔しい結果です。
テリー組vsブッチャー組の異次元タッグ戦はブッチャーとCHAOSの仲間割れを利用してテリー組が勝利。長州がテリーに終始友好的な態度を見せていた所に時代の流れを感じた。
新日本vsノア対抗戦の第1試合は真壁vsヨネ。真壁がヨネに何もさせずに圧勝。
真壁の勝利は誰もが予想していたが、まさかこれほどあっけない試合になるとは…。
対抗戦第2試合はIWJP Jr.ヘビー級選手権、王者タイガーマスクvsチャレンジャー丸藤。暮れの復帰後、スーパーJ-CUPを制して勢いにのる丸藤がタイガーを破り、史上初のジュニアグランドスラム達成。
対抗戦第3試合は棚橋vs潮崎のイケメンエース対決。潮崎が棚橋をあと一歩というところまで追いつめたが必殺のハイフライフローに沈んだ。
対抗戦第4試合はGHCヘビー級選手権、チャンピオン杉浦vs挑戦者後藤。過去2戦2敗の後藤としては背水の陣ともいえる一戦。お互いの意地と意地のぶつかり合いの末、アンクルホールドで杉浦が勝利。タイトル初防衛。後藤は杉浦に3連敗を喫してしまった。
メインはIWGPヘビー級戦、中邑vs帝王高山。高山の猛攻に苦戦を強いられながらも、最後はボマイェの連発で帝王を沈めた。
ファンとしては新日が毎年ドーム大会を開催してくれるのは本当に嬉しいのだけれど、今回も大幅に座席数を減らしての興行だったので、それなら背伸びしてドームでやらなくても、両国クラスの会場で満員に近い形でやった方が盛り上がるんじゃないかなと、思ったりもします。
我々観るほうとしても、選手の皆さんからしてもそっちのほうがいいように思うのですが…。水を差すようなコト言ってスミマセン。