大日本プロレス新春後楽園 王者伊東にデスマッチファイターが包囲網!!

大日本プロレス、恒例の新春後楽園大会へ。

関本vs岡林のスペシャルシングルマッチは期待通りの肉弾戦に。関本がキャリアの差でどうにか勝利。この二人、いよいよ明日は全日本マットへ出陣。浜亮太を担げるかどうかに注目が集まってますが、まぁ担ぐでしょうね。


「アジアタッグを狙いたい」みたいな事を言ってますが、大日ファンから言わせてもらえば関本&岡林なら世界タッグに挑戦してもおかしくないレベルだと思うのですが…。

でも団体の格という大人の事情が邪魔して、まぁ、結局アジアタッグ戦線どまりなんでしょうかね?もったいない話です。

とりあえず全日でもパワー殺法爆裂で存在感を見せつけてほしいです。メジャー団体(現全日をメジャーと呼んでいいものかどうかはわかりませんが)にインディーの選手が上がると、持ち味を消されてしまうのがこれまでのお決まりですが、関本と岡林だけはそうならないように祈るばかりです。二人はそんなつまらないレベルではないですからね。

メインは蛍光灯6人タッグ。南野タケシはやはりまだまだ経験が浅いので、いろんな場面でちょっと会場を微妙な空気にしがちでした。今後に期待。

そして試合後に一波乱が。

勝利した伊東が新年のあいさつをしようとしかけたところ貴がリングに登場し伊東に宣戦布告。

今日負けた竹田、イサミ、パートナーだったアブ小、宮本らも続いて次々に伊東への挑戦表明。

勘九郎も加わり、沼澤、葛西まで現われ、8人のデスマッチファイターがリング上で伊東の首を狙って火花を散らす展開に。

伊東は8人による挑戦者決定戦を命じました。形式は分かりませんが、トーナメントにしろ、リーグ戦にしろ、この面子ならば面白い決定戦になりそうで楽しみです。大日本は来月くらいからタッグリーグがあるわけだから二本柱でいくんでしょうかね?

個人的には葛西が勝ち上がって、初夏頃のビッグマッチで伊東戦が実現してほしいけどなぁ…。