大日本プロレス横浜大会 伊東竜二が宮本裕向を破り王座返り咲き!!

大日本プロレス15周年記念横浜大会にコージ君とケン君とで行って来ましたヨ。

ネクロ・ブッチャーが久々の大日登場。IGFに行ってからの試合は知らないが、大日ではいつものネクロらしいファイトでバカガイジンっぷりを存分に魅せてくれました。掟ポルシェさんはネクロ好きが講じてネクロTシャツの売り子さんやってましたね。

日米デスマッチサミットでは禁断のカミソリ十字架ボードが使用されましたが、幸い(?)派手な当たりがなく、大ケガをするような選手はいませんでした。葛西はこんな時さすがというか、ファンの期待に応えるため、自分でカミソリボードに頭突きを連打して大流血。そこまでしなくても充分なのに…というファンの声も恐らく肌で感じてはいても、最もコアな層のファンの期待にまで確実に応える、という使命を己に課しているかのようです。ファンを裏切らない葛西はほんとプロの中のプロだと思います。ここまでの選手ほかにいないのでは。

セミでは天龍が登場。さすがに全盛期のような動きは出来なくなったものの、合計何発かもわからなくなるくらいの関本とのチョップ合戦を見せるなど、まだまだ健在ぶりをアピール。

メインはデスマッチヘビー級選手権。王者宮本裕向vs挑戦者伊東竜二。金網の高さを存分に活かした空中戦の攻防の末、最後は金網上からのドラゴンスプラッシュで伊東が宮本に勝利。2年振りにベルトを取り戻しました。いろいろ言われては来たけれど、振り返れば宮本も立派なチャンピオンだったなぁと思いつつ、今後の伊東の防衛ロードが楽しみです。マイクアピールで言っていたように20年、30年とBJWがますます成長していくためにも伊東に多いに頑張ってもらいたいッス。