大日本プロレス後楽園 045邪猿気違’sがタッグ王座初戴冠!!

コージ君と大日本プロレス後楽園大会へ。
5月4日の15周年記念大会を前に、当日デスマッチヘビー級選手権で一騎打ちを行う王者・裕向と挑戦者・伊東が6人タッグながら前哨戦として激突。伊東がイサミをドラゴンスプラッシュで沈め、ベルト奪取への意気込みをアピール。
セミでは葛西&沼澤の045邪猿気違’sが関本&義人と、タッグ王座決定戦で激突。4者大流血の壮絶なハードコアマッチの末、葛西が義人をリバースタイガードライバーでくだし、葛西はデビュー以来初の大日本タイトル戴冠。
4日の横浜大会では葛西と邪鬼は敵味方に別れてタッグで激突。あの悪夢のカミソリ十字架ボードを投入し15周年記念大会のマットを血で染める!!