新日本プロレス両国 G1覇者小島聡が真壁刀義を破りIWGP王座奪取!!

 

新日本プロレス両国大会へ。見どころいろいろの今大会。

テレ朝野上アナ、またまた飯塚に襲撃され受難。大仁田と真鍋アナの時以来の名物が誕生しつつあります。

ライガー凱旋。ジュニアタイトル戦線にまた戻ってもマンネリなので、今日やった田中あたりとの抗争なんてのも見てみたい。佐野とか青柳館長とかとやった時の”怖いライガー”がたまには見たい。

飯伏孝太&ケニー・オメガがアポロ55を破りIWGPJr.タッグ新チャンピオンに。今後DDTでベルトがどんな扱いをされてしまうのか心配。そして楽しみ。

新日vsノアはややマンネリ気味。森嶋やKENTAが参戦すれば起爆剤になるのでは?ノアも人気低迷で厳しいようなので、新日との抗争の相乗効果でなんとか勢いを取り戻せたら良いのだけれど…。

中邑vs後藤は洋央紀が勝利。そろそろ後藤にもIWGP王座を巻いてほしい。

棚橋vs内藤は棚橋勝利。内藤はシングルプレーヤーに転向して大一番でいろいろな選手ともっとあたれば面白い存在。同時に裕二郎にももっとチャンスを。

メインんIWGP戦、王者・真壁vs挑戦者G1優勝者・小島は予想外なことに小島の勝利。今日もブーイングが半分くらいあったから逆境に負けずに第三世代の健在ぶりをアピールしてほしい。次は中邑を指名したけど、それで勝ったほうがドームのメインを務める流れに多分なるだろうから…先は読めませぬ。