新日本プロレス両国大会 棚橋vs中邑IWGP戦は棚橋が王座死守

新日本両国大会に自分とコージ君とケン君の3人で行ってきましたよ。

永田vs後藤は、後藤の健闘むなしく永田が勝利。
永田はやっぱり大一番では名勝負を見せるなぁ。

ミスティコvsメフィストはミスティコが足を負傷したようで動きが
いまひとつ。それでもいろいろな空中殺法を見せてくれたよ。
調子が戻ったらまた来日してほしいよ。

アングルvsバーナードはセコンド陣も入り乱れての乱闘に。
でも最後はアングルがキッチリと勝利。
バーナードも新日外国人のトップとしてずっと頑張ってるから
そろそろ何かいい思いもしてほしいけどね。

セミのチーム3DvsGBH真壁矢野は両国では珍しい観客席まで
なだれ込んでのストリートファイトを展開。絵的には新鮮だった。
ダッドリーズ時代のファイトとかを期待すると
今の新日本での3Dのファイトは必ずしも満足はいかないけど
今日はババレイがチーズおろしを使ったので少し満足。
デスマッチファンの自分としてはとにかく”それっぽさ”が
見たいんだよね。昨年のドームでアビスが花道に画鋲をまいたけど、
あんなのをもっと増やしてほしい。3Dもそういうキャラなんだから、
いろいろ制約するなら来日させても意味ないんだし。
もっと本来のファイトスタイルを活かしてあげてほしいね。

メインの棚橋vs中邑はどっちが勝つか全く読めないいい試合だったよ。
どっっちが負けても「まさか」っていう立場だからリスキーだよね。
結局、中邑が惜敗。昨年に続いて今年もタイトル戦線ではついてないね。

最後はアングルがフラフラと現われて、棚橋との対戦をアピール。
次の両国で一騎打ちっぽいね。これもリスキーな試合で期待大。
余談になるけど3席隣で金村キンタロー選手が観戦していましたよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です