新日本プロレス1.4東京ドーム オカダが飯伏に激勝 内藤はジェイを下す!!

新日本プロレスレッスルキングダム14in東京ドーム。
今年は史上初のドーム2連戦。ライガー引退試合やIWGP2冠統一戦など注目カードが目白押し。

初日の本日はセミのIWGPヘビー級戦でジェイ・ホワイトを下した内藤哲也が新チャンピオンに。そしてメインのIWGPヘビー級選手権は王者オカダ・カズチカが飯伏幸太の挑戦を退けタイトルを死守。明日のメインでの2冠統一戦はオカダvs内藤の一騎打ちに決定。

その他、オスプレイvsヒロムのIWGPJr.ヘビー級戦ではヒロムが王座奪還に成功。明日のライガー引退試合のタッグマッチに王者としてライガーに対峙することに。モクスリーもアーチャーを破ってUS王座を奪取した。

▼第0‐1試合 151本勝負
スターダム提供試合

岩谷 麻優○
星輝ありさ
vs
木村花×
ジュリア

904秒  ムーンサルトプレス片エビ固め

▼第0-2試合 151本勝負

真壁刀義
本間朋晃
辻陽太×
上村優也
vs
トーア・ヘナーレ○
カール・フレドリックス
クラーク・コナーズ
アレックス・コグリン

736秒  TOAボトム片エビ固め

0-3試合 151本勝負

天山広吉
小島聡○
vs
永田裕志
中西学×

547秒  ラリアット片エビ固め

▼第1試合 601本勝負
獣神サンダー・ライガー引退試合 I

獣神サンダー・ライガー×
藤波辰爾
ザ・グレート・サスケ
タイガーマスク
WITH エル・サムライ
vs
佐野直喜
大谷晋二郎
高岩竜一
田口隆祐○
WITH 小林邦昭

特別レフェリー:保永昇男

852秒  どどんエビ固め

▼第2試合 301本勝負
スペシャル8人タッグマッチ

SANADA
“キング・オブ・ダークネス”EVIL
鷹木信悟
BUSHI×
vs
ザック・セイバーJr.○
鈴木みのる
タイチ
エル・デスペラード

839秒  クラーキーキャット

▼第3試合 301本勝負
スペシャル8人タッグマッチ

後藤洋央紀○
石井智宏
矢野通
YOSHI-HASHI
vs
KENTA
バッドラック・ファレ
高橋裕二郎×
チェーズ・オーエンズ

817  GTR→片エビ固め

▼第4試合 601本勝負
IWGP
タッグ選手権試合

<第83代チャンピオンチーム>
タマ・トンガ×
タンガ・ロア
vs
<チャレンジャーチーム/WORLD TAG LEAGUE2019優勝チーム>
ジュース・ロビンソン
デビッド・フィンレー○

8度目の防衛戦
1325  ACID DROP→エビ固め
タマ&タンガが8度目の防衛に失敗。ジュース&フィンレーが新チャンピオンとなる

▼第5試合 601本勝負
IWGP US
ヘビー級選手権試合テキサス・デスマッチ

<第7代チャンピオン>
ランス・アーチャー×
vs
<チャレンジャー>
ジョン・モクスリー○

※ 2度目の防衛戦
※ 1426  10カウントKO
アーチャーが2度目の防衛に失敗。モクスリーが新チャンピオンとなる

▼第6試合 601本勝負
IWGP
ジュニアヘビー級選手権試合

<第85代チャンピオン>
ウィル・オスプレイ×
vs
<チャレンジャー>
高橋 ヒロム○

4度目の防衛戦
2433  TIME BOMB片エビ固め
オスプレイが4度目の防衛に失敗。ヒロムが新チャンピオンとなる

▼第7試合 601本勝負
IWGP
インターコンチネンタル選手権試合

<第23代チャンピオン>
ジェイ・ホワイト×
vs
<チャレンジャー>
内藤哲也○

2度目の防衛戦
3354秒  デスティーノ片エビ固め
ジェイが2度目の防衛に失敗。内藤が新チャンピオンとなる

▼第8試合 601本勝負
IWGP
ヘビー級選手権試合

<第69代チャンピオン>
オカダ・カズチカ○
vs
<チャレンジャー/G1 CLIMAX 29優勝者>
飯伏幸太×

5度目の防衛戦
3916秒  レインメーカー片エビ固め
オカダが5度目の防衛に成功