東京都現代美術館

東京都現代美術館

嫁に連れられ東京都現代美術館へ。

琴平山にある書院の襖絵の展示を見たかったそうで一緒に行って来ました。

田窪恭治さんという画家の方の展示会でした。たまたま昨日からご本人が展示中の未完成のふすまの絵の創作を予定外に再開されたとの事で今日も展示中の襖絵にガンガン描き込んでました。ヤブツバキの絵で力強いです。

田窪氏はフランスのとある廃墟と化していた礼拝堂の再生に取り組んだり、現在も琴平山再生計画というプロジェクトを手掛けている方で、創作に際してはその地域の歴史や記憶をそのまま残しつつ、新しい血を脈々と流して行くことを理念としているそうです。ガイドさんの説明のただの受け売りですが、東北の再生にあたってもこの田窪氏の基本理念は重要なキーワードのような気がしましたヨ。