葛西純プロデュース興行後楽園大会 石川修司が葛西純を玉砕!!

葛西プロデュース興行『Blood X’mas 2011』後楽園大会へ。

お笑い系ありストロングバトルあり凄惨なデスマッチありの緊張と緩和のバランスが良い興行でした。

セミ前のリング調整(本当にマットか鉄柱かが歪んでいたようで登坂ブチョーとかまで出てきてみんなでメンテナンスしていた)がえらく時間がかかってしまい、セミとメインは気持ち巻き気味で試合が進められた感があった点だけが残念。

それはいいとして、試合のほうですが……

第1試合は小鹿組vs男色ディーノ組の6人タッグ。みんなでおケツ丸出しになって、なんじゃこりゃ?な試合でした。でも盛り上がってたから◎

第2試合は神威vs招かれざる客・吹本賢児。敗れた吹本はヒールとしてこれから大化けしてもおかしくない選手。今後、ヒールさに磨きがかかれば面白い存在だと思う。継続参戦はあるか?

第3試合はGENTARO&ウインガーvsバラモン兄弟。GENTAROが顔を墨で染められながらも勝利。

第4試合は竹田誠志vsMASADA。今回はMASADAの新たな竹串攻撃”頬の裏からブッ刺す”バージョン(貫通したかどうかは見えませんでしたが)披露で自分はちょっと引いてしまったけど、受けきった竹田はスゴ過ぎ。その後も試合はかなり続いたし。恐らく竹田のベストバウトではなかったでしょうか。負けてしまったけど今日の個人的MVPは竹田だった。

セミは関本大介&田中将斗vs佐々木貴&マンモス佐々木。関本&田中なんてこれまたインディー最強コンビと読んでもいいようなドリームタッグ。田中がマンモを一蹴。

そしてメインは葛西vs石川修司のガラスデスマッチ。

中盤では大一番に見せるバルコニーダイブも炸裂し、葛西が自身のプロデュース興行に懸ける全身全霊の意気込みを見せつけた。しかし石川のナチュラルパワーの前に最後は狂猿も力尽き敗戦。試合後のアピールでは「夏に後楽園で開催するデスマッチトーナメントで優勝できなかったら引退する」と宣言。遂に葛西の口から”引退”の二文字が飛び出した。

葛西ファンはみんな満身創痍の葛西の近い将来の引退をどこかで意識しながらここ数年は闘いを見守っていたけれどついに聞きたくなかった言葉を聞いてしまいました…。”優勝できなかったら引退”だから優勝してくれればいいのだけれど……複雑です。ずっと現役を続けてほしい気持ちと、一日も早く休んでもらいたい気持ち、葛西ファンはみんなその二つの矛盾した気持ちを抱えているのではないでしょうか。