蝶野正洋25周年特別興行 ARISTRIST in 両国国技館

「蝶野正洋25周年特別興行」を観にケン君と両国国技館へ行ってきましたヨ。

オープニングでは蝶野がスーツ姿で挨拶。いよいよスタート!!

第1試合は13選手参加の時間差バトルロイヤル。ヤングライオンからOBまでいろいろな選手が登場!!勝者は岡田かずちか。

第2試合は大森vsアンダーソン。大森の勝利。


第3試合は後藤組vs田中組の8人タッグ。後藤が勝利後に田中との一騎打ちをアピール。


第4試合は曙vs吉江vsバーナードの3WAYマッチ。

ボディスラムをした選手が勝つルール。レフリーKONISHIKI。KONISHIKIが不慣れで少々グダグダだったが、とりあえず勝ったのはバーナードを投げた曙。

第5試合は長州&ライガー&AKIRAvs初代タイガー&タイガー&飯伏。タイガー組の勝利。長州と飯伏の異次元対決が面白かったヨ。飯伏幸太はやっぱりスゴい。


第6試合、永田&耕平vs飯塚&矢野。終盤に真壁がCHAOSを襲撃。結果的に助けられた永田組が勝利。


試合後も真壁は飯塚と乱闘。深まる因縁はいつ決着するのか。


第7試合、ダブルメインイベント第1試合、IWGPヘビー級選手権、中邑vs大谷。破壊王橋本の魂を背負い、果敢に攻めた大谷だったが、ストロングスタイルの現在形 中邑が激闘を制した。


試合後に欠場中の棚橋が登場。中邑のベルトに挑戦を表明。中邑に軽くあしらわれるも、ベルト取りをアピール。今の中邑の視線の先には”アントニオ猪木”しか見えていない。


第8試合、ダブルメインイベント第2試合、蝶野デビュー25周年記念試合、蝶野&武藤&小橋vs中西&小島&秋山。


三銃士と四天王の夢の競演!!お祭りのような豪華カードのゴングが遂に鳴る!!


迎え撃つ第3世代連合軍も負けられない一戦。


蝶野と秋山の初遭遇!!


小橋と中西の見応え充分の肉弾戦!!


蝶野、武藤、小橋が魅せる!!


野人パワーが小橋を圧倒する場面も!!

最後は武藤、小橋のアシストを受け、蝶野が中西から3カウント!!自らの25周年を勝利で飾った。

試合後には橋本大地クンもリングに登場!!記念試合ならではの4ショット。

蝶野選手、これからも頑張って下さい。