大日本プロレス2020最侠タッグトーナメントは橋本大地&神谷英慶の大神が優勝

大日本プロレス後楽園ホール大会。

今年はコロナ禍で興業数が減ってしまっていることから、最侠タッグはリーグ戦ではなくトーナメントの大会に。そして本日の後楽園大会は準決勝ならびに決勝戦。

デスマッチブロックは伊東&勝俣が、ストロングブロックは橋本&神谷の大神がそれぞれ勝ち上がり決勝戦のリングに。

ハードコアルールの中、勝俣も素晴らしい頑張りを見せたが、最後は熟練コンビの大神が今年のタッグの祭典を制した。

0試合 タッグマッチ 101本勝負

加藤拓歩 佐藤孝亮 VS 河上隆一 菊田一美

<354秒 腕固め>

▼オープニングマッチ ReOStaff株式会社presents 最侠タッグトーナメント2020

準決勝・第1試合 彩色蛍光灯タッグデスマッチ 301本勝負

宮本裕向 木髙イサミ× VS 伊東竜二 勝俣瞬馬○

<1329秒 エビ固め>

▼2試合 ReOStaff株式会社presents 最侠タッグトーナメント2020

準決勝・第2試合 タッグマッチ 301本勝負

野村卓矢× 阿部史典 VS 橋本大地 神谷英慶○

<1158秒 バックドロップ→片エビ固め>

▼3試合 タッグマッチ 201本勝負

青木優也 児玉裕輔× VS 吉野達彦 関札皓太○

<1016秒 アイアンマン>

▼4試合 6人タッグマッチ 301本勝負

関本大介 岡林裕二 兵頭彰× VS 浜亮太 中之上靖文○ 羆嵐

<118秒 ダイビング・エルボードロップ→片エビ固め>

▼5試合 有刺鉄線ボードタッグデスマッチ 301本勝負

星野勘九郎 石川勇希× VS 塚本拓海○ 関根龍一

<1059秒 高角度逆さ抑え込み>

▼セミファイナル 凶器持ち込み6人タッグデスマッチ 301本勝負

藤田ミノル アブドーラ・小林 ドリュー・パーカー× VS 高橋匡哉○ 植木嵩行 佐久田俊行

<1318秒 ジャックハマー→片エビ固め>

▼メインイベント ReOStaff株式会社presents 最侠タッグトーナメント2020~決勝戦

ハードコアタッグマッチ 301本勝負

伊東竜二 勝俣瞬馬× VS 橋本大地 神谷英慶○

<2140秒 バックドロップ→片エビ固め>