大日本プロレス マイケル・エルガン、大仁田厚らの参戦を発表!!

大日本プロレス後楽園大会。

開始前に登坂社長から今後の大会の一部参加選手の発表があり場内がどよめいた。

8月24日の後楽園大会と翌日8月25日の愛知・名古屋国際会議場大会両日にはマイケル・エルガンが参戦、25日の名古屋大会には大仁田厚の参戦が決定したという。

大仁田の大日本登場もどんな化学反応が起こるか非常に興味深いが、やはりエルガンの参戦には興奮を抑えきれない。

多くのファンの頭には、真っ先に関本との最強パワーファイター決定戦への期待がよぎったに違いない。そして、実際に第二試合終了後に関本がエルガン戦を登坂社長に直訴し、8月24日後楽園ホール大会での関本大介vsマイケル・エルガン戦というドリームカードが発表された。

継続参戦が実現するなら岡林との戦いも見てみたいし、ストロング王座の戦線にもぜひ絡んできて欲しいところだ。

オープニング6人タッグマッチ 15分1本勝負
橋本和樹、青木優也、佐藤孝亮
vs
吉野達彦、関札皓太、竹田光珠
※9分30秒 スワントーンボム→片エビ固め

第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負
関本大介、阿部史典、
vs
鈴木秀樹、忍
※10分55秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド

第3試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
浜亮太、中之上靖文、星野勘九郎
vs
加藤拓歩、石川勇希、兵頭彰
※7分49秒 ハマケツ→体固め

第4試合 世界ストロングヘビー級王座前哨戦~6人タッグマッチ 30分1本勝負
岡林裕二、橋本大地、神谷英慶
vs
野村卓矢、河上隆一、菊田一美
※ 8分30秒 アルゼンチン・バックブリーカー

第5試合 BJW認定ジュニアヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第3代王者】TAJIRI
vs
【挑戦者】谷口裕一
※8分17秒 ジャックナイフ式体固め 第3代王者が初防衛に成功

セミファイナル 有刺鉄線ボード6人タッグデスマッチ 30分1本勝負

伊東竜二、高橋匡哉、宮本裕向
vs
アブドーラ・小林、宇藤純久、ドリュー・パーカー

※11分58秒 ドラゴンスプラッシュ→体固め

メインイベント デスマッチヘビー級王座前哨戦
蛍光灯+ダブルボードタッグデスマッチ 30分1本勝負

木髙イサミ、塚本拓海
vs
植木嵩行、佐久田俊

※19分59秒 窒息ずどん→片エビ固め