大日本プロレス 2018年新春後楽園ホール大会

大日本プロレス2018年新春後楽園ホール大会。

年明け一発目から橋本大地vs河上隆一のストロングヘビー級選手権と竹田誠志vs塚本拓海のデスマッチヘビー級選手権の2大王座戦が開催された。

大地vs河上の一戦は大地が渾身の三角絞めを河上に極めレフェリーストップによる勝利。群雄割拠のストロングBJ部門の王者として、今年は結果が求められる一年、大地がどのような王者像を見せてくれるのか興味は尽きないところだ。

竹田vs塚本の盟友対決は、両者ともに五寸釘ボードに打ち付けられながらも死力を尽くした大熱戦に。ラストは竹田がリバースUクラッシュで塚本を沈めた。クレイジーキッドの狂乱ファイトが今年も大日本マットを血で染め上げる!!


▼オープニングタッグマッチ~加藤拓歩デビュー戦 15分1本勝負
野村卓矢 加藤拓歩● vs 青木優也〇 森廣祐基
12分18秒 逆エビ固め

▼第2試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
忍 ツトムオースギ● ヘラクレス千賀 vs 橋本和樹〇 吉野達彦 関札皓太
7分41秒 グラウンド卍固め

第3試合 8人タッグマッチ 20分1本勝負
宮本裕向 木髙イサミ 藤田ミノル〇 関根龍一
vs
TAJIRI バラモンシュウ バラモンケイ● 星野勘九郎
9分35秒 SAYONARA→片エビ固め

▼第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
神谷英慶 宇藤純久 菊田一美● vs 浜亮太 中之上靖文〇 滝澤大志
11分30秒 ダイビング・エルボードロップ→片エビ固め

▼第5試合 有刺鉄線ボード6人タッグデスマッチ 30分1本勝負
アブドーラ・小林 伊東竜二〇 “黒天使”沼澤邪鬼 vs 高橋匡哉 植木嵩行 佐久田俊行●
9分44秒 ドラゴンスプラッシュ→体固め

▼第6試合 タッグマッチ 30分1本勝負
関本大介● 鈴木秀樹 vs 石川修司 佐藤耕平〇
10分19秒 パイルドライバー→片エビ固め

▼セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第11代王者】橋本大地〇 vs 【挑戦者】河上隆一●
17分59秒 三角絞め→レフェリーストップ
※初防衛に成功

▼メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
五寸釘ボード+蛍光灯+ケージデスマッチ 30分1本勝負
【第36代王者】竹田誠志〇 vs 【挑戦者】塚本拓海●
17分8秒 リバースUクラッシュ→片エビ固め
※4度目の防衛に成功