大日本プロレス両国大会 高橋匡哉が盟友植木嵩行を五寸釘葬!!

大日本プロレス両国大会「両極譚」。

ファン投票によって、今大会のメインイベントに位置付けられたのはデスマッチヘビー級選手権、チャンピオン・高橋匡哉とチャレンジャー・植木嵩行の一戦。

年間最大イベントとなる両国国技館大会のメインのカードとしては、正直インパクトにかけるカードながら、多くのファンがこの血みどろブラザーズの同門対決にビッグイベントのメインを託した。

そして、二人の若きデスマッチファイターはリング上で激闘を繰り広げるとともに、両国のメインというプレッシャーと二人で戦い抜いた。

植木に至っては後楽園のメインすら務めた経験がないにもかかわらず、いきなり国技館のメインでのタイトルマッチ。プレッシャーのせいか序盤は動きに空回りも見られ、ひやっとする場面もいくつかあった。

この日のベストバウトがこのメインの一戦だったかどうか、観た人の主観にも関係するので、一概には言えないが、私個人の感想はセミのビッグ4によるBJWタッグ選手権の方が盛り上がったように思う。しかし、高橋と植木の一戦には、大舞台を任されたのだから自分たちでできる限りの戦いを見せるしかないという、ガムシャラという言葉とはまた違った、もっとポジティブな勇往邁進のスピリッツが痛いほど感じられた。

試合後に自らの不甲斐なさに悔し涙を浮かべた植木に対して、高橋は「やるしかねぇんだよ」とハッパをかけた。革命を掲げた男の決意がわかりやすく込められていたように思う。高橋はたとえ困難にぶち当たっても、いちいち立ち止まることなく、遠くに輝く光に向かって突き進んでいく覚悟なのだと思う。

スター性あふれるイケメンでもなければ、知名度もほとんどない、泥臭い”漢”二人による戦いだったが、そこには着飾らない等身大の二人からの熱いメッセージが確かにあったと思う。

 

セミファイナルのBJW認定タッグ選手権試合は王者チーム・関本大介&岡林裕二が挑戦者チーム・アブドーラ小林&伊東竜二に敗れ小林&伊東組が新王者に。デスマッチ戦線を離れしばらくはタッグ戦線で大暴れしてくれそうだ。

ストロングヘビー級選手権試合、鈴木秀樹vs河上隆一はスリーパーホールドからレフェリーストップが取られ鈴木が王座防衛。試合後に橋本大地と因縁が生まれ、次期王座戦は不可避のようだ。

初代BJW認定ジュニアヘビー級王座決定戦、忍vs橋本和樹は熱戦の果てに忍がSEXボンバーで和樹を沈め、初代Jr.ヘビー級チャンピオンに輝いた。今後はジュニアタイトルを巡って新たなストーリーが展開される。

3年連続で開催された大日本プロレス夏の両国大会「両極譚」。来年の開催は減じていでアナウンスされていないが、7月の風物詩として継続してもらえたらファンとしては嬉しい限りだ。ただし国技館で4,000人を割る動員では、台所事情が厳しい大日本にとっては毎回痛手だと思うので、無理をしてまで開催することもない、とも思う。

とりあえず、今年の両国大会も文句なしに面白かったです!!