大日本 両国メインはデスマッチヘビー戦 伊東竜二vs星野勘九郎に決定!!

大日本プロレス後楽園大会。両国大会前の最後の首都圏大会、見どころ満載でした!!

本日2試合出場する鈴木選手。第1試合では若手の野村に胸を貸しつつ好ファイトを展開。

第2試合ではフランク篤レフェリーがバラモン側に寝返る?プチハプニング。試合後バラモン兄弟は両国にマスター降臨を予告。

鈴木と中之上の因縁は継続中。今日は大地の戦いも殺気立っていた。

ストロング選手権前哨戦の6人タッグマッチは30分のドロー。挑戦者・神谷は両国で自身の全てを賭けて戦うと宣言。

休憩明けには両国のメインのファン投票の「結果発表〜!!」。ほぼダブルスコアでデスマッチがメインに決定!!また、両国の全対戦カードも発表された。発表済みカード以外では二丁拳銃vs青木&佐藤のアジアタッグ選手権、ツインタワーズvs浜&曙のBJWタッグ選手権などの好カードが決まった。

セミファイナルは有刺鉄線ボードタッグデスマッチ。高橋&植木は3代目血みどろブラザーズとして活躍していく模様。今日は結果を残せず。

メインのデスマッチヘビー前哨戦は伊東が勘九郎から直接勝利。試合後「俺には何が足りないんだ…?」と悔し泣きする星野に伊東は「教えてやろうか?すべてだ!!」とダメ出し。星野がこのまま黙っているはずはないだろうから、果たして両国で伊東をどう見返すか俄然注目が高まってきました!!



1件のコメント

  1. ピンバック: human hair weave

ただいまコメントは受け付けていません。