大日本プロレス後楽園大会 ツインタワーズがBJWタッグ王座奪還!!

大日本プロレス後楽園大会。

一番刺激的だったのは、鈴木秀樹選手と中之上選手の横浜大会から引きずる険悪ムードが今回も再燃して、昭和を感じさせるノーコンテストからの延長戦になったところ。

最近はこういうシチュエーションもめっきり見る機会がなくなってしまったので懐かしくもあり新鮮でもあり。

鈴木選手は宇藤選手とも仲間割れっぽい感じな展開だったので、コンビ解消でしょうか?

そしたらはぐれIGF軍の仲間を連れてきて大日マットで暴れてほしいですね。とりあえず今の大日本マットに上がっている選手の中でも鈴木選手は異彩を放っていて面白い存在だと思います。ファイトスタイルも玄人好みで渋くて良いです。体格もレスラーらしくて格好いいので最高です!!

伊東選手は両国でのデスマッチヘビー級選手権の挑戦者に星野選手を指名し、星野選手も承諾したことで一応両国での両者によるタイトルマッチが決定‥‥。

勘九郎選手は好きだし、純血選手同士でのタイトル戦ということで全然いいんだけれど、いいんだけれど、ウ〜ン‥‥みんなが多分感じた”両国のカードじゃないんじゃない?”感。てっきりセミの試合後に竹田選手が挑戦表明をして次回のホールで挑戦者決定戦への流れの前フリかととっさに想像しましたが、セミ後も何もなし。

伊東vs勘九郎が正式決定ということなら、岡林vs(神谷vs大地の勝者)の2大タイトルマッチということで、セミとメインはファン投票で決定します。

岡林の相手は大地が勝ち上がると勝手に予想しているので、仮に岡林vs大地戦と伊東vs勘九郎だったら、ストロングの方に票が入りそうな気がします。

昨年に続いてデスマッチ部門でメインを飾れないとなると”デスマッチの大日本”ファンの自分としてもちょっと残念です。

伊東vs竹田だったら確実に支持を得ると思いますが‥。

しかし、勘九郎選手には決まったからには、自分のような好き勝手な意見を言う奴を見返すような活躍を期待します。頑張ってほしいです。

今日のメインはBJWタッグ選手権でした。ツインタワーズが王座返り咲きに成功。やっぱり普通に強いです。全日の世界タッグとか取っても全然おかしくないくらいの圧倒的な実力と存在感!!馬場さんがもし生きていたら絶対に全日に入団か継続参戦させていたであろうこの二人。とりわけ修司選手は昔風に言うなら”肉体自体が凶器”的な圧倒的なパワーファイター。存在感もポテンシャルの高さも凄いと思います。ツインタワーズはまた長期政権を築き上げそうなムードです。