大日本プロレス後楽園 グレート小鹿会長アジアタッグ奪取ならず!!

大日本プロレス恒例のGW後楽園大会。例年はG小鹿会長の誕生日の4.28に開催される後楽園大会ですが、今年は1日遅れの開催に。

昨日(=今年の4.28)新木場で蛍光灯デスマッチに挑んだ小鹿会長が今日は関本とのコンビでアジアタッグ選手権に挑戦。

全日時代に大熊選手とのタッグで極道コンビの代名詞にもなっていたアジアタッグ選手権ベルト。

時空を超えて遂にかつて腰に巻いていた至宝の奪還目指しメインで現チャンピオンチーム・ヤンキー二丁拳銃にチャレンジです。

いざ、メインのリング。74歳の老体を容赦なく攻める宮本とイサミ。昨日の傷口から再び大流血の小鹿も一歩も引かずに闘志をぶつける。

しかし、ノド輪落としからの四の字を狙った隙をついてイサミが小鹿を丸め込み3カウント。

夢破れた小鹿会長だが、現役中に再挑戦することを宣言。70を超えた高齢者が血を流しながら殴り合いをするのをみんなで応援しながら喜んで観戦しているという非日常空間。

これぞプロレス!!!!

小鹿会長、必ずまた挑戦して下さい!!