大日本プロレス 関本大介が伊東竜二と蛍光灯デスマッチで対戦

大日本プロレス後楽園ホール2連戦初日。

メインではデスマッチ王者・伊東とストロングBJ関本が垣根を越えたシングル対決。

関本が伊東の要求を飲み、デスマッチの舞台に数年ぶりに足を踏み入れた。

かつてマッドマン・ポンドに挑みボロボロにされたり、BADBOY非道に「お前みたいにしょっぱい奴とはやりたくない」と侮辱されたりしていた頃の関本のデスマッチではなく、団体の枠を超えてプロレス界を股にかけて活躍している現在の関本のデスマッチ。

関本はストロングBJの試合と全く変わらぬ豪快なファイトで、伊東に何ら引けをとることなく2大エース対決の期待に応えるには充分過ぎるほどの大熱戦を繰り広げた。

結果は惜しくも関本が敗れたが、大日本は伊東のデスマッチ部門と関本が開拓したストロングBJの2本柱であるからこそ現在のように熱狂的なファンに愛される団体に育ったのだと再認識させられた気がする。