大日本プロレス後楽園 アブドーラ小林が竹田誠志を五寸釘葬!!

大日本プロレス後楽園大会へ。

ストロングBJのリーグ戦『一騎当千strong climb』の開幕戦とアブ小vs竹田のDH選手権という見所満載の大会です。

一騎当千公式戦、忍vs橋本は、橋本の重い襲撃に忍が耐え、まずは一勝。

葛西沼澤稲葉vs石川河上大谷の異色の6人タッグは石川の卍に稲葉がギブUP。

一騎当千公式戦、義人vsバラモンシュウは一瞬の返し技でシュウが勝利という波乱の結末。

ある意味メインイベント級の一戦、一騎当千公式戦・関本vs岡林の世界最強無敵マッスルボンバーズ対決は期待通りの大肉弾戦の末、関本が勝利。これぞ力と力のぶつかり合い。今、全プロレス団体の中でも最もプロレスの醍醐味が見られるのは間違いなく関本や岡林の闘い。組んでも戦っても最高のレスラーです。

引退ロードが始まっている山川は、今回も伊東の厳しい洗礼を受ける。チームの協力のおかげでどうにか勝利したものの、このまま第一線の選手達との闘いを続けて引退に向かうなら、もう一踏ん張りも二踏ん張りも必要なところ。いっそ明るく楽しいほうのプロレスでハッピーなエンディングを迎えるという選択もあると思うが本人が厳しい闘いを自ら選択しているなら、正直今のままでは先が見えない。個人的には山川選手は大好きなので是非頑張ってほしい。

今回も開催宣言の時に小鹿さんが選手の名前を間違えてましたが、興ざめしちゃうし、何よりも選手に失礼だし、選手の士気も下がるし、試合前の緊張感も緩んじゃうし、ちゃんとレクチャーしておいてほしい。ファンも選手も優しいから、ずっとご愛嬌で済んでるけど、こう毎回毎回大事な場面でミスがあると小鹿さんのキャラとは言え、ちょっと切なくなります…。

注目のメイン、デスマッチヘビー級選手権試合はアルティメット・オープンフィンガー・五寸釘デスマッチ。先月小林を破った竹田が待望の初戴冠なるか、竹田3度目のタイトル挑戦。試合の鍵となる五寸釘ボードに苦しめられた小林だったが、最後はボードへのパワーボムからボードを竹田に被せてのバカチンガーエルボーで激勝。試合後は行きも絶え絶えに、公約通りの蛍光灯エアギターを披露。ピープルズチャンピオンの小林の次の挑戦者は果たして…。