大日本横浜大会 アブドーラ小林が伊東を破りデスマッチ王座奪還!!

大日本プロレス年内最後のビッグマッチ、横浜大会を観に横浜文化体育館へ。

対全日本の対抗戦2試合はいずれも好勝負。石川vs真田は真田が勝ったけど、石川のいいライバル登場といった印象。真田も無理に新日本の内藤と比べられるより石川あたりとの試合の方がスイングするのではないか?

セミのアジアタッグは関本&岡林に諏訪魔&征矢匠が挑むも、チャンピオンの世界最強無敵マッスルボンバーコンビが激闘の末に防衛。関本と諏訪魔の遺恨が深まった感じなので今後ドラマがまだ続いていきそうな気配でした。

BJWタッグ選手権はヤンキー2丁拳銃が義人&忍の仲間割れコンビの挑戦を退け防衛。

メインはデスマッチヘビー級選手権。挑戦者決定三つ巴戦を勝ち抜き、ついに絶対王者の伊東に挑むのはアブドーラ小林。

しかし、最近の伊東の無敵ぶりを考えたら、正直、小林は善戦はするけれど、タイトル奪取はないな…と勘ぐっていたら、アレレレ、小林が伊東に勝っちゃったヨ!!

年末にきてビッグサプライズでした。事前に言っていた通り、小林は試合後リングの中心で愛を叫び、”来年は楽しいプロレスにも力を入れていく”と言ってました。2012年の大日本マットは、これまでとは少しばかり風景が変わっていくのでしょうか。

そんなわけで今年一年も大日本プロレスは最高でした!!