大日本プロレス後楽園大会 星野勘九郎が伊東との壮絶な死闘に散る

ケン君と大日本プロレス後楽園大会へ。

メインでは圧倒的な勘九郎支持の空気の中、予想を遥かに超えた凄惨な死闘の末、王者伊東が勝利しタイトル防衛。

面白かった。

勘九郎に「まさか」はないとわかっていたけど、それでも「まさか」があるか?と思わせる場面が何度もあった。勘九郎にとって大きな転機となる一戦だった。

伊東の持ち込み凶器の「注射」は今後定番になっていくのか?CZWの試合でMASADAが相手の頬に注射を貫通させてるのを以前YouTubeで見て、ドン引きしたもんですが、遂に大日でも解禁か…。グロ過ぎなのであまり頻繁には出してほしくない気もするが…、まぁホントに凄いね、デスマッチファイターって。