大日本プロレス 石川修司がアブドーラ小林を破り伊東への挑戦権獲得!!

人間には2通りのタイプがあるといいます。

キムタクファンか、アブドーラ小林ファンか。

今日は東京ドームでSMAPのライブがあるとの事で水道橋駅前が「チケット売って下さい」のプラカードを持ったファンの人たちで大混雑の中、大日本プロレスを観に行って来ましたヨ。ケン君と。

セミのストロングBJでは橋本がついに河上からピンフォール勝ち。橋本の相手問わずの負けん気の強さは◎。それにしても岡林を筆頭に大日の若手の選手層の厚さというか、充実ぶりはスゴいですね。業界ナンバーワンではないかと思います。11月には石川晋也の復帰も決まったようで、ますます激しくなっていくのではないでしょーか。

メインは伊東のベルトへの次期挑戦権をかけたアブドーラ小林vs石川修司の蛍光灯261本デスマッチ。

スーパーヘビー級の二人らしく激しい肉弾戦&超大流血戦に。小林は蛍光灯デスマッチだと毎回血ダルマがお約束だけど、特に今日は後半戦あたりから目を覆いたくなるほどの血みどろぶり。ヒジの内側にかなり深い裂傷を負ったけど客を引かせる事なく、何事もないかのように試合を続けるんだから、ホントに凄いプロ根性です(更に試合後には笑顔で売店直行だし)。結果は石川が小林を沈め次期挑戦権を奪いました。試合後のマイクでは小林や大日本へのリスペクトをアピール。石川も本当に真面目でいい人なんだろうなぁと思いました。

いよいよ次は念願のタイトル挑戦。ユニオンの看板を背負ってかつてのパートナー伊東に挑戦です。石川らしいダイナミックなデスマッチを見せてもらいたいです。